より低料金で頼む

ニュース

2017年12月14日
ポイントを押さえて節約車検を更新。
2017年12月14日
より低料金で頼むを更新。
2017年12月14日
車検業界の現状を更新。
2017年12月08日
車検業者とサービス内容を更新。

カレンダー

2018年5月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

安くできる仕組み

激安の車検を提供している業者がありますが、どうしてそこまでディーラーなどの車検と料金が違うのかと疑問を持つ人もいるでしょう。やはり何か整備不良などがあるのではないか、手抜きがあるのではないかなど心配する人もいますが、そうではありません。車検費用というのは、車検を受ける際に支払うべき「法定費用」と、自動車の整備や点検に必要な「業者の作業費」に分かれています。法定費用は、自動車重量税や自賠責保険の代金、印紙代(検査手数料など)となります。法定費用は最低限かかる費用ですから、この価格を下回ることはまずありません。「業者の作業費」は、車検を通すために必要となる検査代金や整備のための部品代、作業賃、車検代行料などをまとめたもので、激安の車検はこの部分の代金が安くなります。車検というのは本来は整備を含みませんが、車検を通すためには整備が必要です。激安車検ではこの整備を車検が通る最小限にしているために安いという部分もあります。また、メーカーの正規の部品ではなく使い回せるものは使い回したり、中古パーツを使ったりしたり、代車サービスを抜きにして、数時間後に引き取りをお願いするなど、様々な方法でコストダウンをすることで安くサービスを提供しているのです。安かろう悪かろうではなく、安くできる仕組みを作っているのが特徴です。

どのくらいの価格から激安車検と言うべきか

激安車検という名目でCMやネットや新聞の広告でアピールしている企業や整備工場がたくさんありますが、どのくらいから本当は安いと言えるでのでしょうか。まず、どれだけ安いかという一つの基準になるのは、正規のディーラーが提供している車検サービスの価格です。ディーラーの車検価格は、法定費用と言われる部分に加えて、ディーラーが整備に要する費用が加算された形で提供されています。自動車ディーラーは基本的に自分たちで専用の部品在庫を持っていて、かつ顧客と長く付き合うことを第一に考えて、充実した整備を行うようにしているため、価格は比較的高めで、各種のメンテナンスパックなどによって多少値引きをしている程度です。これよりも明確に安いと感じる価格であれば激安車検と言って間違いありません。しかし激安車検の特徴は、サービスが大きくカットされている部分にあります。場合によっては何の整備を行ったのかすら口頭で説明があって終わりということも少なくありません。また、代車もカットされていたり、車を預かることをあえてせずに即日車検を行うなどの工夫をしてコストを下げているのです。ですから、あくまでサービス並みの価格と考えておくのがベターです。ディーラー並みの安心感や待遇を期待することはできませんが、とにかくさっさと車検を安く済ませたいという人には非常に好ましいサービスです。

Copyright(C)2017 車検業者の選び方と安くしてもらう方法を紹介 All Rights Reserved.