ポイントを押さえて節約車検

ニュース

2017年12月14日
ポイントを押さえて節約車検を更新。
2017年12月14日
より低料金で頼むを更新。
2017年12月14日
車検業界の現状を更新。
2017年12月08日
車検業者とサービス内容を更新。

カレンダー

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

車検の費用を格安にするコツ

車を所有している人には必ず訪れる車検ですが、普通車であれば、一回10万円以上の費用がかかりますよね。これは家計においてかなりの負担であり、少しでも安くしたいと思っている人は多いと思います。今回は、そんな方々のために少しでも車検が安くなるようなコツを書いていきます。まず、車検の費用は大きく3つに分けられます。1つ目が、自動車重量税や自賠責保険料などの法定費用、2つ目が、点検費用です。これは依頼するところによって費用が変わってきます。3つ目が、オイルやワイパーのゴムなどの消耗品交換費用です。車検の費用は主にこの3つの費用の合計で決まるので、この3つの中のどれかの費用を抑えることが出来れば、車検費用も安くなります。法定費用は削ることができませんので、仕方ありませんがその他の2つは節約することが出来ます。消耗品交換費用は、車検をお願いしたところがあれもこれもと交換した方が良いという風に勧めてくると費用が高くなる一方です。中には交換しなくても大丈夫なものでも交換を勧めてくるので本当に交換が必要なのかというのを見極めなければいけません。そして、点検費用は格安でやっているところもあるのでなるべく安いところで行えば車検の費用を大幅に安くすることも可能なのです。

激安車検で安くなる車は決まっている

激安車検とはいっても、とにかく安いということはありません。激安車検で本当に安く済んで良かったと感じるのは、あくまで「ある程度健康な車」だけです。というのは、激安とは言え、車検というのは法律で定められている検査で、項目もしっかりあります。その状態を認定されている工場で調べるわけです。ですから、故障だらけの車を通すことは、工場の信頼や認定取り消しに直結しますから通すことはできません。ですから、激安車検の激安のノウハウのひとつは、「車検が通せるギリギリを見極めることができる」目利きにあるとも言えます。激安車検でも、整備を必要とした場合には部品代と工賃が当然かかってきます。しかし、そういった部品の在庫を多く持っていることも多くはなく、作業をするスタッフもたくさんいるわけではありません。そのため、いざ整備が必要となった場合にはそれだけ時間とお金がかかるようになります。一度車検を安く通ると、次回の車検時には安かったという記憶をアテにして同じところで車検を受けると思います。すると、ギリギリ通っていた車両はアウトとなって整備代が発生するようになり、思ったよりも高くついてしまうのです。そのため、毎回の車検費用の変動が大きいというのもこうした車検の特徴です。安定して低価格で利用するなら、健康な車であることが絶対的な条件なのです。

Copyright(C)2017 車検業者の選び方と安くしてもらう方法を紹介 All Rights Reserved.