「安い」車検を実現する

ニュース

2017年12月14日
ポイントを押さえて節約車検を更新。
2017年12月14日
より低料金で頼むを更新。
2017年12月14日
車検業界の現状を更新。
2017年12月08日
車検業者とサービス内容を更新。

カレンダー

2018年7月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

軽自動車の車検を格安で通す方法

普通車に比べて何かと維持費が安いため、軽自動車人気は高まるばかりです。排気量も小さくボディーも小さいので燃費も良く小回りもききます。そんな軽自動車ですが、維持費の面で普通車に比べて圧倒的に安いのが車検費用です。車検費用は一般的に整備費用と自動車重量税と自賠責保険料で成り立っています。軽自動車の何が安いかと言うと、自動車重量税です。
この税金は車検受験時に一括して2年分を納付しなければなりません。軽自動車は普通車に比べて自動車税もかなり安く設定されていますが、実は車検時に支払う自動車重量税もかなり優遇されているのです。この為、軽自動車の車検は普通車の車検費用に比べて安くなりますが、更に安く車検を通す方法をご紹介します。それはユーザー車検制度を利用する方法です。普通、車検と言えば最寄の自動車販売店に車検の受験を依頼するのが一般的ではないでしょうか。
要するに自動車のプロに車検の受検を依頼している方がほとんどだと思います。ユーザー車検制度は、プロに車検の受検を依頼せずに自分で車検が受験できる制度で、これは全国の陸運局で簡単に利用可能です。誰でも簡単に車検が受検できる仕組みが整っていますので、この制度を利用する事により、余計な整備費用が発生せずに原価で車検が受検できます。この方法であれば自動車重量税や自賠責保険料、受検手数料を合わせても4万円以下で車検が受検できます。

激安の車検業者を探す

少しでも車に関する費用を押さえたい、と考えるのは当たり前ですよね。そんなコストの一つに車検があります。日本には車を定期的に法律で定められた定期的な整備をしないといけないのです。これが車を持つためのコストとして大きい負担になっています。ですから、少しでも安くしたいと考えるわけです。但し、意味があってやっているわけです。
安全に運転ができるように、としているわけですから、無駄になっているわけではないのでその点は留意しておきましょう。まず車検が高くなってしまう理由を知りましょう。その最大の物として整備の箇所があります。それが本当に必要であれば納得できるでしょうから、そこまで必要がない部分の余分な整備をすることが多いのも確かです。
そこが車検はなんとなく信用できない、という人が多い理由でもあります。しかし、当然ですが整備のない安いだけの車検では意味がないです。そんな怖いことはできないでしょう。ですから、激安の車検といっても車の状態に関してしっかりと確認をして整備をしてくれた上で安い、ということが重要になります。さらに大事なこととして毛一つ挙げたいのが見積もりをオーバーしないことです。これが意外と満足度に関係してきます。

ホリデー車検独自の立会い車検はお客様と一緒にお車を見て頂きその場で説明いたします。 東京FM全国ネットでのラジオCMや各地でCM放送中 立会い説明時に部品交換が必要な場合、交換部品は6ヶ月、1万キロ保証がついています。 完全予約制の立会い車検でおまたせいたしません。 バイク車検も立会い車検を実施しています。 新車初回車検の「はじめてくん」は基本料と検査と事務手数料合わせて1万円。 車検を安価で安心のショップでお任せしたいなら

トピックス

ポイントを押さえて節約車検

車検の費用を格安にするコツ 車を所有している人には必ず訪れる車検ですが、普通車であれば、一回10万円以上の…

more

より低料金で頼む

安くできる仕組み 激安の車検を提供している業者がありますが、どうしてそこまでディーラーなどの車検と料金が違…

more

車検業界の現状

しっかりとした車検先を選ぶ 軽自動車を買ったあと、もちろん一般の乗用車を買って使っていると必ず起こるイベン…

more

車検業者とサービス内容

車検をどこに頼むか 軽自動車の車検を頼もうとした時、ディーラー車検、車検専門店、ガソリンスタンド・カー用品…

more

Copyright(C)2017 車検業者の選び方と安くしてもらう方法を紹介 All Rights Reserved.